FC2ブログ

記事一覧

ターナーとサボニス

元記事

サボニスとターナーの分析記事

サボニスよりパス本数(per30min)が多いセンターはエンビードしかいない
コリソンは今季3Pをアシストした回数が34、チーム2位はサボニスで25



サボニスとターナーが一緒に出ているときのオフェンス

どちらもペイントエリアにいる状況が多く、どちらかがスペースを意識して開くような動きがあまりない。

トップでダブルスクリーン→ターナーはポップ→サボニスはロールするセットをもっとやればよくないか?どちらの強みも出せるよ

サボニスとターナーが一緒に出ているときのディフェンス

ペイサーズは100ポゼッションあたり29.8本スリーを撃たれていてリーグ21番目に多い。
ターナーとサボニスが両方出ていると37.4本撃たれる状況になっている。

外のシュートを撃ってくる4番が相手ラインナップにいる場合、ターナーやサボニスは外までカバーできるほどの機動力、アウトサイドに対するディフェンスIQ(どちらもサディウス・ヤングが得意とすること)は無いのでしこたま3Pを撃たれている



なんとなくだけど、このラインナップは相手がビッグラインナップだったときにやったほうがいいと思う。
ディフェンスでダメージが大きすぎる。

ターナーのポストプレイが安定して出来るようになる、もしくはサディウス・ヤングのようなSF的な動きができるようになる(これは期待薄)なら話は別だけど。
スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント