FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

31勝7敗 勝率81% (Part2)

前回の続き。ウィザーズ時代のボヤンのプレイを見返してみる。・・・ジョン・ウォールのビジョンが凄すぎる。あのスピードでドライブしながらしっかり周りを見ていてスキップパスをバシバシ通しているし、シューターへのパスのタイミングや高さも素晴らしい。オラディポもいいパサーだけど、このレベルにたどり着けるのだろうか?ペイサーズのオフェンスを改善するには、オラディポのパサーとしての成長、もしくは素晴らしいパサー...

続きを読む

31勝7敗 勝率81%

なんの数字かというと、ペイサーズのボヤン・ボグダノビッチが15点以上した試合のペイサーズの勝敗と勝率である。81%というとシーズンで換算すれば66勝16敗という成績になる。「ふーん」と思われるかもしれないが、自分には衝撃的な数字だった。なぜならボヤンは平均得点が14.3ppgの選手だからだ。もし「14.3ppgのボグダノビッチが20点すると勝率81%なんだよ」といわれたら「そりゃ平均よりも6点近くも取ったらそれくらい勝つんじ...

続きを読む

オールスター以降、相手ディフェンスに苦しんでいるペイサーズ

ペイサーズはオールスター以前のオフェンスレートが108.4でリーグ6位だったが、オールスター以降102.7でリーグ25位と急速に落ち込んでいる。何故か?一番の要因はオラディポ対策が徹底されてきたことだろう。The Emergence of Victor Oladipo Has the Pacers Going Above and Beyondこの記事にもあるように、オラディポのP&Rをハードブリッツ、ダブルチームで潰すディフェンスが増えてきた。ペイサーズのオフェンスの種類(Playtype...

続きを読む

ペイサーズFA考察

ビエリツァ 208cm ジミー離脱後 13.9pts 8.3reb 3.0ast 1.4stl 3P44%(2.1/4.9) (ジミー離脱前から43%(1.0/2.2)シューター) 今季終了後完全FA全米放送のvsBOSで30pts (3P6/9) 12reb と爆発したので人気が上がってるかも。プレー解説動画...

続きを読む

ターナーとサボニス

元記事サボニスとターナーの分析記事サボニスよりパス本数(per30min)が多いセンターはエンビードしかいないコリソンは今季3Pをアシストした回数が34、チーム2位はサボニスで25サボニスとターナーが一緒に出ているときのオフェンスどちらもペイントエリアにいる状況が多く、どちらかがスペースを意識して開くような動きがあまりない。トップでダブルスクリーン→ターナーはポップ→サボニスはロールするセットをもっとやればよくない...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。